読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりつぶしのきろく

日本国内のJR・私鉄の乗りつぶしを淡々と記録します。写真掲載は目的でなく、個人的に気になったことをつらつらメモしておきたいだけのブログです。

京阪大津線(京津線・石山坂本線)

大手私鉄(関西) 京阪電鉄 公営鉄道 京都市営地下鉄 乗りつぶし

京阪電車三条駅にて少し時間が出来てしまったので、せっかくだし京阪石山坂本線に乗りに行こうと思いつき、実行してみました。その他にもいろいろな裏目的を付け加えてみたこともあって、短時間の小旅行ですがとても楽しかったです。関西地方では非採算路線として良く名前のあがる路線ですが、京滋間輸送という意味でとても利便性が高いうえ、鉄道ファンとしても様々な楽しみのある路線ですので、是非存続して欲しい路線の一つだと再認識しました。

サマリ

この記事では、一部見づらい写真が有ったため、見やすさ向上を目的として大幅に加工している画像があります。

1. 地下鉄東西線/京阪京津線

乗車区間三条京阪〜(京都市営地下鉄東西線)〜御陵〜(京阪京津線)〜浜大津

石山坂本線までの移動のため乗車しました。乗車区間京津線の全区間ですが、御陵から東西線太秦天神川駅まで乗り入れています。何度か乗車済みですが、急カーブや路面電車区間など見所が満載で、個人的にとてもお気に入りの路線です。

f:id:skh-n:20160826010948j:plain
リニア誘致ポスター 三条京阪駅にて

  • 最初から誘致看板シリーズで申し訳ないのですが、見つけてしまったので紹介です。京都に中央新幹線リニア新幹線)の中間駅を誘致するポスターを初めて見つけ、思わず撮影しました。
  • それにしても突っ込みどころが多いポスターです。百歩譲って京都ルートの主張はまあわからないでもないですが、同時開業とか関空とか一体何を言っているのか…。

f:id:skh-n:20160826010505j:plain
京阪800系 浜大津駅にて
(方向幕は折り返しの太秦天神川行きに転換済)

f:id:skh-n:20160826010728j:plain
浜大津駅 入線の様子

f:id:skh-n:20160826010745j:plain
浜大津駅路面電車区間

  • 京津線と言えば、同じ車両が地下鉄区間路面電車区間も走る路線として有名な路線です。中でも一番の見所は、やはり4両編成の800系が浜大津駅前の路面電車区間で交差点を曲がっているところかと思います。いい感じに撮影したかったのですが、良い撮影スポットを知らず、上記の写真で我慢しました。
  • 一番下の写真で、手前で左にカーブしている線路が京津線、まっすぐ進んでいる線路が石山坂本線の線路です。これら2路線はホームが共用されていますが、通常直通運転は行われていません。
  • また、京津線乗車中はカーブもすごかったです。京阪カーブ式会社と言われるだけある路線です。

2. 京阪石山坂本線

乗車区間浜大津〜(京阪石山坂本線)〜坂本

初乗車の路線です。坂本〜石山寺の計21駅の路線ですが、真ん中あたりにある浜大津駅が1つのターミナル駅になっています。浜大津から坂本方面は湖西線石山寺方面は東海道本線に並行して走ります。浜大津駅京津線乗り換え駅のため京都方面からの玄関駅ですが、今回はその浜大津駅から坂本方面にのみ乗車しました。石山寺方面は時間の都合で断念しました。

f:id:skh-n:20160826011101j:plain
京阪600系 坂本駅にて

  • 京阪本線ユーザとしてはとてもなじみのある車体カラーです。京津線京阪電鉄の車両の中でだいぶテイストの違う色合いなのに、石山坂本線は京阪カラーなんですね。
  • 石山坂本線はラッピング車両が非常に多く走る路線というイメージがあります。この車両はラッピング列車ではありませんが、乗車中すれ違う列車はラッピング車両が多かったです。

f:id:skh-n:20160826011222j:plain
坂本駅

  • 路面電車とは思えない程の立派な駅で驚きました。
  • 写真には改札が写っています。2両編成のワンマン運転車両がメインの路線では珍しく、全駅に改札があるそうです。

f:id:skh-n:20160826011318j:plain
乗車券
(かえり。1. 2.の通し券。)

f:id:skh-n:20160826011441j:plain
穴太駅

f:id:skh-n:20160826011521j:plain
券売機 穴太駅にて

  • 懐かしいタイプの券売機です。
  • 主な運賃表が大分思い切っています。そこまで駅数のある路線ではないので、ここに全駅の運賃表を載せれば良いのにと思ってしまいました。