のりつぶしのきろく

日本国内のJR・私鉄の乗りつぶしを淡々と記録します。写真掲載は目的でなく、個人的に気になったことをつらつらメモしておきたいだけのブログです。

ニューシャトル(埼玉新都市交通)

関東の路線図を眺めているとたくさん気になるところはありますが、中でも謎が多い埼玉新都市交通ニューシャトル)。上越新幹線の線路に並行して走る、ザ・3セクという感じの路線ですね。鉄道博物館への来館が目的のため乗りつぶし目的ではありませんが、せっかくニューシャトルに乗車したので記録します。

サマリ

ニューシャトル

乗車区間: 大宮〜(埼玉新都市交通伊奈線)〜鉄道博物館

f:id:skh-n:20160517004715j:plain
埼玉新都市交通2000系 鉄道博物館駅にて

  • 車両は車内含めとても綺麗だった。

f:id:skh-n:20160517010344j:plain
埼玉新都市交通2000系 鉄道博物館駅にて

  • 案内軌条式の新交通システムである。新交通システムにしては珍しくホームドアが設置されておらず、昔の東海道新幹線のような柵タイプのホームであった。線路内に降りないでくださいと書く前にホームドアを設置したほうが良いのではなかろうか。
  • このタイプの3セクにしては珍しく自動運転をしていない。調べたところ、将来的な自動運転をに備えて一部設備は自動運転可能なようになっているものの、しばらく自動運転化の予定はないそうだ。せっかくなのだし早めにホームドア設置と運転自動化しちゃったほうがいいのではと思った。
  • 大宮駅にループ線が設置されており、折り返しの電車が一周して、進行方向を変えてホームへ到着する。ホームからはこのループ線の様子を一部見ることができる。
  • わたしが乗車した内宿方面の列車は、鉄道博物館駅にて大半の乗客が下車してしまった。まあ、路線建設の意義からしても、通勤・通学用路線なので、休日はほとんど利用者がいないのであろう。
    • ニューシャトルは、新幹線建築の際に町が分断されるという地元の不安を解消するため、建設に対する見返りという形で建設されています。

おまけ(鉄道博物館

f:id:skh-n:20160517005525j:plain
鉄道博物館入り口

f:id:skh-n:20160517005856j:plain
鉄道博物館展示 - LED表示器

  • 本当に様々な展示があるのでどれを紹介するか迷ったが、一番気に入ったLED表示器をピックアップ。この展示のすごいところは、なんと自分で表示器を操作して行き先表示を変更できる。とりあえず試運転にして記念撮影した。