のりつぶしのきろく

日本国内のJR・私鉄の乗りつぶしを淡々と記録します。写真掲載は目的でなく、個人的に気になったことをつらつらメモしておきたいだけのブログです。

甲信越旅行 (3 of 4) - リゾートビューふるさと、特急はくたか

前の記事の続き。前日に長野駅付近のビジネスホテルに宿泊し、今回の旅のメインイベントである「リゾートビューふるさと」と「特急はくたか」に乗車しました。特にリゾートビューふるさとは期待以上のクオリティで、他のイベント列車と比較してコスパ最強なのでは?とまで思うほどでした。また、特急はくたかについては、北陸新幹線開業に伴い廃止が予定されていたため、廃止前になんとしてでも乗っておきたいと思い、帰路をわざわざ新潟方面周りとして乗車してきました。

サマリ

1. リゾートビューふるさと

乗車区間: 長野〜(信越本線)〜篠ノ井〜(篠ノ井線)〜松本〜(大糸線)〜南小谷

f:id:skh-n:20160403193225j:plain
HB-E300系 リゾートビューふるさと 長野駅にて

f:id:skh-n:20160403192953j:plain
リゾートビューふるさと 座席

f:id:skh-n:20160403193022j:plain
リゾートビューふるさと車内 先頭車両にて

  • 座席は全席ボックスタイプで非常に広い。また、先頭車両には誰でも自由に座って景色を楽しめるよう、進行方向向きの椅子や各種パンフレットが設置されている。

f:id:skh-n:20160403193113j:plain
リゾートビューふるさと車内にて
(手書きの車窓案内が置いてあった。)

駅名標 姨捨駅にて
(リゾートビューは姨捨駅で長時間停車する。)

f:id:skh-n:20160403193246j:plain
姨捨駅入場券

  • 車内にて硬券の入場券を販売している旨の放送あり。言われたからには買わねばと思い買ってみた。
  • その場で鋏で日付を入れてくれるので雰囲気がありました。

f:id:skh-n:20160403193638j:plain
姨捨駅にて
姨捨駅はスイッチバックをして駅に入線する)

f:id:skh-n:20160403193324j:plain
姨捨駅にてパノラマ撮影
iPhoneのパノラマ撮影をやってみたかっただけ。)

  • 姨捨駅はスイッチバック駅となっており、線路が本線上に無い。停車する電車はスイッチバックをしながら駅構内へ入線するのだが、通過列車はそのまま通り過ぎるという仕組みになっている。停車中、通過列車を見ることができた。

f:id:skh-n:20160403193843j:plain
電光案内版 松本駅にて

  • この写真のように、行き先を表示しても仕方ない駅の場合、種別だけ表示する掲示板はたまに存在する。しかし、さすがに設置した時には「リゾートビューふるさと」のような長い文字の列車が誕生するとは思ってもなかったのであろう…。
  • 「ふるさと」の文字をガタガタにして無理やり入れこんだドット字職人さんお疲れ様です。

f:id:skh-n:20160403193902j:plain
足元の乗車案内 松本駅にて

f:id:skh-n:20170103174341j:plain f:id:skh-n:20160403194406j:plain
穂高駅と穂高神社

  • 穂高駅では30分近く停車する。巫女さんがお出迎えしてくれて、希望者は近くの穂高神社まで案内してくれる。
  • ちなみにこの下車は改札を出るが「途中下車」にはあたらないのだろうか?途中下車不可の切符を持ってる人も途中下車できるのだろうか。現実問題としてはリゾートビューの乗客に対しての改札は一切なかったので途中下車できてしまうのだが、営業規則上はどう解釈されるのだろう?

f:id:skh-n:20170103174113j:plain
穂高駅にて

f:id:skh-n:20160403194612j:plain
どっかで買ったアイス

  • 今回乗車したリゾートビューは、比較的長時間停車する駅ではなにか地元特産のものを販売していることが多かった。こういうのは観光客受けするので是非もっとやってほしい。

f:id:skh-n:20160403202515j:plain
指定席券

  • 全体的に、乗車券に加えて指定席券だけあれば乗れる列車とは思えないくらいにクオリティの高い観光列車でした。特に良かったのは、途中停車駅の多さ。もちろん所要時間はかかってしまいますが、観光客にとってはそのデメリットを打ち消せるくらいにとても嬉しい仕様でした。
  • 個人的に一番良かったのは姨捨駅で停車して景色を見れたことでした。ちなみに、夜景も非常に綺麗だそうで、それを見に行くためだけのナイトビュー姨捨という列車が運行されているそうです。

南小谷

f:id:skh-n:20160403194728j:plain f:id:skh-n:20160403195016j:plain
駅名標 南小谷駅にて

f:id:skh-n:20160403195116j:plain
南小谷駅付近
(次の電車まであまりに時間があって暇だったので、一人寂しく水遊びをしました…。)

f:id:skh-n:20160403195218j:plain
南小谷
南小谷駅はJR東日本と西日本の境となる駅。左にJR東日本のE257、右にJR西日本のキハ120形(?)が停車していた。)

  • 写真にもある通り、南小谷駅には特急あずさ(E257系)が乗り入れる。こんなに自然豊かなところにこんな長い編成の列車が…と不思議な感じだった。

2. 大糸線JR西日本区間

乗車区間: 南小谷〜(大糸線)〜糸魚川駅

f:id:skh-n:20170103174822j:plain
キハ120形気動車 南小谷駅にて

f:id:skh-n:20160403202641j:plain
乗車券

  • この区間だけは週末パスの対象外だったので、別途乗車券を購入した。

3. 特急はくたか

乗車区間: 糸魚川〜(北陸本線)〜犀潟〜(北越急行ほくほく線)〜六日町〜(上越本線)〜越後湯沢

f:id:skh-n:20160403195410j:plain
681系 特急はくたか 糸魚川駅にて
(後ろに先ほど乗車した大糸線の車両が写っている。)

f:id:skh-n:20160403195454j:plain
越後湯沢駅

f:id:skh-n:20160403202551j:plain
特急券
(この後に乗車する新幹線特急券と一緒に撮影。新幹線と特急の乗継割引も適用されます。)

おわりに

f:id:skh-n:20160403202626j:plain
乗車券(週末パス)

今回は週末パスでの旅行でした。長野方面の3セク鉄道や私鉄でも使えること、快速はもちろん、特急や新幹線にも特急券のみで乗車できることなどが週末パス利用の決め手となり、だいぶ安く済ませることができました。

連載

  1. 甲信越旅行(1/4) - 長野新幹線
  2. 甲信越旅行(2/4) - しなの鉄道、上田電鉄、長野電鉄
  3. 信越旅行(3/4) - リゾートビューふるさと、特急はくたか ←この記事
  4. 甲信越旅行(4/4) - 八高線