読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりつぶしのきろく

日本国内のJR・私鉄の乗りつぶしを淡々と記録します。写真掲載は目的でなく、個人的に気になったことをつらつらメモしておきたいだけのブログです。

北海道3連休おでかけパスの旅 (1 of 3) - スーパーおおぞら、道東編

休みが取れたので、突発北海道旅行に出かけました。カレンダー上3連休ではありませんが、JR北海道の特急自由席が3日間乗り放題の「北海道三連休おでかけパス」が利用可能な指定日ということで、この切符の活用を中心とした2泊3日の旅にしました。初日は飛行機が飛ばないなど早速トラブルに巻き込まれてしまいましたが、プラン変更でなんとか宿までたどり着けました。

本記事は3部構成となっております。

サマリ

番外編. 新千歳まで

f:id:skh-n:20161021195930j:plain f:id:skh-n:20161021195941j:plain
羽田空港にて

初っぱなから番外編です。旅行日は関東地方で大変雪が強く、写真のようにほとんどの飛行機が欠航していました。運良く私の乗る予定の飛行機(定刻6:50、AirDo/ANAコードシェア便)だけは欠航を免れたものの、大幅な出発遅延。乗りつぶし開始が遅くなってしまい、当初の予定を変更した旅程となりました。

1. 特急スーパーおおぞら

乗車区間: 南千歳〜(石勝線・特急スーパーおおぞら)〜新得〜(根室本線・同前)〜釧路

f:id:skh-n:20161021200503j:plain
283系気動車 南千歳駅にて

  • うまく言葉にはできませんが、JR北海道の特急だ!という感じがする顔です。真っ青な配色も旅の気分を盛り上げてくれます。
  • ただ、そこまでして振り子アピールをされてもですね…。

f:id:skh-n:20161021203403j:plain
駅名標 南千歳駅にて

  • JR北海道ではかなりの路線に駅番号が付与されているようです。他の駅名標も後から出て来ますが、ローカル線でもきちんと付与されています。

f:id:skh-n:20161021204835j:plain
乗り場案内 南千歳駅にて

  • 珍しいタイプの乗車口案内だったので撮影。南千歳駅は空港からの外国人を意識してか、英語の案内が多かった印象です。

f:id:skh-n:20161021203840j:plain
車内販売で購入したアイス

  • すごく硬いアイスをこのスプーンで食えというのですか。おいしかったけど。

f:id:skh-n:20161021231844j:plain
特急券

  • 価格が✳︎になっているところがポイント。北海道フリーパス(写真は別掲)は元々特急含め乗り放題だか、加えて4回まで指定席券が無料で発行してもらえます。そのため、この指定席券は無料となり、払い戻しもできないため、こういった表記になっていると想定されます。
  • この列車はサイバーステーションでは指定席満席と表示されていたのですが、ダメ元で南千歳駅にて窓口に確認。すると、まさに前の客がキャンセル(乗車変更)していたようで、その席をそのまま譲ってもらう形となりました。こんな対応が可能なのですね。

2. 釧網本線

乗車区間: 釧路〜(根室本線)〜東釧路〜(釧網本線)〜川湯温泉川湯温泉〜(釧網本線)〜網走

f:id:skh-n:20161021214731j:plain f:id:skh-n:20161021215330j:plain f:id:skh-n:20161021215017j:plain
キハ54形気動車 釧路駅にて

f:id:skh-n:20161021215756j:plain
駅名標 釧路駅にて

f:id:skh-n:20161021220051j:plain
川湯温泉駅 駅舎

  • 予定を変更し、川湯温泉駅にて途中下車し、温泉へ行くことにしました。

f:id:skh-n:20161021220133j:plain
川湯温泉駅 待合室

  • 待合室は暖房がついており、とても暖かかったです。
  • 私以外にも何人か待っている人がいました。

f:id:skh-n:20161021222010j:plain
川湯温泉駅 ホームにて

f:id:skh-n:20161021220912j:plain
川湯温泉駅名標

f:id:skh-n:20161021221104j:plain
川湯温泉駅名標

f:id:skh-n:20161021221645j:plain
川湯温泉駅 時刻表

  • さすがは北海道のローカル線。本当に本数が少ないです。
  • ローカル線旅行にて終電を使うのはとてもリスクが高いため、私はそういった旅程を組むことは滅多にありませんが、今回は旅行開始の遅れなどの影響でやむなく終電の利用を決断しました。
  • 終電がかなり遅れており、アナウンスも全くなかったので、野宿を覚悟する気持ちで待っていました。やっと到着したときは本当に安心しました。

f:id:skh-n:20161021220345j:plain
川湯温泉駅 無料足湯

  • 駅舎横に設置されている、私の大好きな無料足湯です。木製の小屋のような建物の中にそれなりの広さの足湯が設置されています。私が過去見てきた無料足湯の中でもかなりクオリティが高いです。
  • 残念ながら中の写真は撮れませんでした。先客がいたため、および湯気がすごくてうまく撮影ができなかったためです。

f:id:skh-n:20161021221359j:plain
川湯温泉駅付近の日帰り温泉

  • 途中下車のお目当ての日帰り温泉です。川湯温泉駅から徒歩圏内にある唯一の日帰り温泉です。宿泊もできるそうです。
  • ネットの評判は賛否両論のようですが、私はとても満足でした。たった300円なのに、とっても豪華な露天風呂がついた、立派な温泉です。雪の降る中の露天風呂もとても楽しい経験でした。
  • 日帰り利用客は多いようで、地元の常連の方と思われるご家族連れが何組もいらっしゃいました。
  • 受付のお姉さんは少し怖かったですが、次は泊まりに来たいと思うほどのクオリティでした。

f:id:skh-n:20161021232113j:plain
乗車整理券

  • フリーパスなので取る必要はなかったのですが、間違って取ってしまいました。途中下車の記念として持ち帰らせて頂きました。

f:id:skh-n:20161021220625j:plain
乗車券

  • 北海道3連休おでかけパスです。前述のとおり、JR北海道エリア内で3日間特急自由席乗り放題に加え、みどりの窓口で4回まで無料で指定席券を発見してもらえます。利用前日までに購入する必要がある点、またJR北海道の窓口でしか販売してない点には注意が必要です。
  • 首都圏であれば、東京駅内のJR北海道プラザにて購入できます。繰り返しですが前日までに購入が必要です。
    • (追記) 残念ながら3連休おでかけパスは2014年3月で発券終了し、似たような切符は期間限定かつ7日連続の北海道フリーきっぷのみとなってしまいました。
    • (追記) さらに残念ながらJR北海道プラザは2015年4月にて閉店してしまいました。窓口の係員さんは大変親切で、電話での質問にも親身になって答えてくれたのを覚えています。またの復活を期待したいです。

連載

  1. 北海道3連休おでかけパスの旅 (1 of 3) - スーパーおおぞら、道東編 ← この記事!
  2. 北海道3連休おでかけパスの旅 (2 of 3) - 特急オホーツク、急行はまなす
  3. 北海道3連休おでかけパスの旅 (3 of 3) - 津軽線、津軽海峡線、函館市内、東北新幹線