読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のりつぶしのきろく

日本国内のJR・私鉄の乗りつぶしを淡々と記録します。写真掲載は目的でなく、個人的に気になったことをつらつらメモしておきたいだけのブログです。

山陰旅行 (3 of 3) - サンライズ出雲

f:id:skh-n:20160822173008j:plain

今回の山陰旅行のメインイベントです。北海道新幹線開業に伴い、日本最後の寝台特急となってしまったサンライズに乗車してきました。乗車区間は出雲発の上り電車。せっかく憧れの列車ということでそれなりの区間寝ずに起きていたこともあり、サンライズを満喫できる旅となりました。ちなみに、東京駅到着後はそのまま出勤する、いわゆるエクストリーム出社をキメました。

サマリ

出雲駅

f:id:skh-n:20160526000935j:plain
出雲市駅

  • 出雲大社をイメージしたと想定される駅舎。(でも、出雲大社へJRでは行けませんよね。。。)

f:id:skh-n:20160822174544j:plain
出雲市駅 待合室にて

  • 地方都市おきまりの新幹線誘致看板を探すのが好きな筆者ですが、出雲市駅にはなんとフリーゲージトレインの誘致看板がありました。この手のものは初めて見ました。
  • 確かに、山陰地方にフル規格やミニ新幹線を走らせてしまうと在来線の利便性を大きく損ないかねないため、自治体として正しい判断かと思います。技術開発に時間はかかるでしょうが、長崎新幹線開業へ向け開発は進むでしょうから、いつか実現すると良いですね。
    • とはいえ、実現するとサンライズはお役御免になってしまう可能性が高いですが。

f:id:skh-n:20160822180134j:plain
旅客案内 出雲市駅にて

サンライズ出雲

乗車区間出雲市〜(山陰本線)〜伯耆大山〜(伯備線)〜倉敷〜(山陽本線)〜神戸〜(東海道本線)〜東京

f:id:skh-n:20160823122809j:plain
285系サンライズ) 東京駅にて

f:id:skh-n:20160822175414j:plain
285系サンライズ) 方向幕

  • 方向幕や各種旅客案内など、至る所に「伯備線経由」であることが明記されていました。必ずしも全旅客が関東方面に向かうことが想定されておらず、伯備線内や山陽本線内での途中下車も想定されているということでしょうか。
  • なお、残念ながら岡山駅でのサンライズ瀬戸との連結作業を見ることは出来ませんでした(寝ていたため)。

f:id:skh-n:20160822180833j:plain
285系車内 B寝台シングル

f:id:skh-n:20160822180945j:plain
285系車内 B寝台シングル

f:id:skh-n:20160822190514j:plain
285系車内 B寝台シングル

  • 今回はサンライズで最も部屋数の多いB寝台シングルを利用。なお、平日ど真ん中とはいえ、シングルデラックスは残念ながら満席でした。
  • 若干の狭さは感じるものの、テーブルや靴を脱ぐスペースが備え付けられていることもあり、設備面での不便はありませんでした。大きな荷物を置くスペースが無い点は数少ない欠点でしょうか(私は写真1枚目左にあるベッド脇の空調機器?の上に置きました)。
  • 布団・枕・部屋着・ゴミ箱・使い捨てコップ・ACコンセントタップ・鏡・ハンガー等が備え付けられています。
    • 個人的には、部屋着が備え付けられているのが便利です。旅行中に持ち歩く荷物を減らせるので。
    • しかし、なぜコップ(プラスチック製)が付いているのでしょうか。そんなに使わないと思いますが。しかもソロだと付いてこないそうです。

f:id:skh-n:20160822192847j:plain
285系車内 B寝台シングル 操作盤

  • スピーカーでラジオが聴けるようになっています。しかし、車内放送時はラジオが止まり、車内放送が優先されます。
  • 寝台列車のため、車内放送は深夜は中止されます。中止される区間は忘れてしまいました。

f:id:skh-n:20160822185421j:plain
285系車内

  • 車内は全車両ともビジネスホテルのような内装で、とても高級感がありました。
  • 写真はデッキ部分から撮影した上段へ向かう階段です。このように、B寝台シングルは上段と下段があります。なお、きっぷ発券後は座席番号でしか上段/下段が分かりません。マルス発券時に上段/下段の希望を入力できますので、みどりの窓口で確認しましょう。
  • 私は、2階建て車両乗車時は下段に乗車することの方が多いのですが、下段の個室は駅ホーム停車時にホームから丸見えだという情報を聞いたため、上段に乗車しました。

f:id:skh-n:20160822190823j:plain
シャワーカード

f:id:skh-n:20160822190943j:plain
シャワーカード販売機

  • サンライズのお楽しみの1つ、シャワーカード(320円)です。列車毎に販売数が決まっており、繁忙期には途中で売り切れてしまう恐れがあるので、早めの購入をオススメします。私が乗車したときは、乗車後すぐに購入に行きましたが、購入の待ち列が出来ているほどでした。
  • なお、シングルデラックスに乗車するとシャワーカードが無料で付いてくるそうです。
  • 券売機の張り紙がJR東日本、東海、西日本、四国の連名となっていました。こんな張り紙はもう他にはありませんね・・・。

f:id:skh-n:20160822190901j:plain
シャワーカード差し込み口など

f:id:skh-n:20160822191454j:plain
シャワールーム

  • シャワールームは出雲/瀬戸それぞれに2箇所設置されていますが、各1箇所はシングルデラックス用として案内されるため、実質的に1箇所しか利用出来ません。私の乗車した上りのサンライズ出雲ではミニラウンジ併設の3号車のみとなります。
  • 乗客はみなすぐにシャワーを浴びたいようで、発車直後はシャワー待ちの列が形成されていました。一方、深夜はほとんど利用者はいなかったようです。
  • シャワーはカード1枚につき6分間のみ利用できます。ただ、写真の通りお湯のSTART/STOPボタンがあり、お湯が出ているときのみカウントされる仕様です。そのため、実際にはそれ以上の時間利用できます*1
  • 初めての利用者は6分という時間が長いのか短いのか分からないと思いますが、私の場合はかなり急ぎめに体を洗ったため、だいぶ時間を余らせて終わりました。
  • シャワー終了後、洗浄ボタンを押すと自動で掃除されます。洗浄にはかなり強い風を使っているようで、扉がガタガタ言ってました。(しかし、シャワーカードを抜けば勝手に洗浄される仕様で良いんじゃないですかね。扉を閉めないとカードが抜けないようにして。)
  • なお、シャワールーム内にも車内放送は聞こえるようになっています。まあ、シャワーを浴びているときに「まもなく〇〇です」と言われても下車出来ないと思いますが。

f:id:skh-n:20160822192530j:plain f:id:skh-n:20160822192542j:plain
サンライズタオルセット

  • 車内放送等でも注意喚起が行われている通り、車内ではタオル類の販売は現在行われていません*2。そのため、シャワーを浴びるためには必ず自ら持ち込む必要があります。
  • しかし、出雲市駅内の売店において、写真の様なタオルセット(歯ブラシ付き)が販売されています。昔販売されていたものの復刻という位置づけらしく、価格もそこまで高くなかったので、旅の記念も兼ねて購入しました。

f:id:skh-n:20160823122551j:plain
ミニラウンジ(出雲市駅停車中に撮影)

  • 各車両ミニラウンジがあり、誰でも利用出来ます。せっかくなのでビールを飲むときに使ってみましたが、あまり利用者はいませんでした。

きっぷ類

f:id:skh-n:20160822193110j:plain
乗車券・特急券

  • 寝台料金が7,560円。ホテル代金と考えれば十分安い価格です。

おわりに

以前から載ってみたかったサンライズ号に乗車できたことはいい思い出となりました。当日はダイヤ乱れもなく、とても快適な旅でした。高速走行中のシャワーも楽しかったです。次回があれば、サンライズ瀬戸に乗車して、シングルデラックスに乗って、あとは岡山での連結作業を見てみたい...というところでしょうか。

連載

  1. 山陰旅行(1/3) - スーパーはくと、福知山線、加古川線
  2. 山陰旅行(2/3) - スーパーまつかぜ、境線、一畑電車
  3. 山陰旅行(3/3) - サンライズ出雲 ← この記事

関連

skh-train.hatenadiary.jp

*1:まあ、待っている人もいますので、あまり長居しないようにしましょう。

*2:過去には行われていたそうだが、現在は中止されたそうです